にっぽん食糧供給プロジェクト

2011年3 月の記事一覧

2011/03
13

祈り 想い 心

Posted on 2011 年 3 月 13 日 by takumi

緊急時に、何もしないことが最良でありうることを認め、

何もできないことを受け止め、

何かした気になることを戒め、

何かしないと不安なることと戦うこと

その別名を「祈る」と呼ぶ。

これは、僕のtwitter流れてきた言葉


色々な意味でショックを受けた。

逃げる車が津波に飲み込まれるところをTVで見ていた。

怖いと思った。

自分に何ができるのかを考えた。

献血のバスが職場の近くに来ることを知っていたのですぐに向かった。

家に帰ってから被害の大きさが徐々にわかってきた。

他に何かできることを考えて、募金と節電もした。

それ以外にできることは何もなかった。

祈る。

それだけしかできなかった。


被災された方が

1人でも多く救われますように。

1秒でも長く家族と電話できますように。

1つでも多く有益な情報を得られますように。

1秒だけでも安心できますように。


祈るしかできなかった。

募金できる金額は高額ではなかった。

ボランティアのため被災地に赴くという決断もできなかった。

テレビやtwitterから流れてくる悲鳴のような叫びに心が破れそうだった。


悲しかった。

悔しかった。

無力だった。

涙が出そうだった。


それを、ほんの少しの心無い呟きだったり、

責任論なんか口にする報道だったり、

自分以外のものにイライラをぶつけそうになったりもした。


そんなときに見た。


pray for japan~日本への祈り~

そして知った。

被災した方々の優しさと決意。応援する人の想い。



避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、

横に居た高校生ぐらいの男の子が言ってた。

「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って。

大丈夫、未来あるよ。

twitterより


韓国人の友達からきたメール。(日本語訳後)

世界唯一の核被爆国。

大戦にも負けた。

毎年台風がくる。

地震だってくる。

津波もくる…。

小さい島国だけど、

それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。

頑張れ。超頑張れ。

twitterより


日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。

今回は国連が全力で日本を援助する。

国連事務総長より



嬉しかった。

誇りに思った。

できることをしようと思った。

涙が出た。


今まで、想いを届けようとし続けてきた。

しかし、届かないことも多かった。

そんな中で、僕は凝り固まってしまっていたのかもしれない。

今思うと不遜極まりないが、僕は過小評価していた。

日本の価値は「金」であって、数字以外の価値は切り捨てられる。

効率や結果が求められ、そうではない価値は理解され難い。

そう思っていた。

それに抗いたくて、無我夢中で動き回ってきた。

そして、日本人であることに誇りを持てなくなっていた。

何も知らないのに。知ろうとすらしていないのに。

言うことを聞いてもらえなくて拗ねていただけだった。


違った。

僕は心が強く、そして優しい人がいっぱい住む日本にいる。

心から誇らしく思う。

どんなに辛い状況でも、皆できることをしている。

皆のために、それぞれができることをしている。

拗ねちゃいけない。

知ろうとしなきゃいけない。

あきらめちゃいけない。

心からそう思った。

日本には支えあうDNAがある。

助け合うDNAがある。

世界に誇れる日本の価値だ。

僕が探し続けていたものだ。

心から誇らしく思う。


東北地方太平洋沖地震はこれからが正念場。

生存の目安である72時間が迫る中、

まだ危険な被災地で、自衛隊の人たちが夜を徹して作業をしている。

福島の原発で、命をかけて作業をしている人たちがいる。

ボランティアに駆けつけようと準備している人もいる。

節電しようと呼びかける人がいる。

応援のために歌う人がいる。

希望の絵を書き続ける人がいる。

募金する人がいる。

節電する人がいる。

有益な情報を伝えようとする人がいる。


それぞれが、それぞれの出来ることをしている。

みんなの祈りは繋がっている。

みんなの想いは繋がっている。

みんなの心は繋がっている。


頑張ろう。日本。