にっぽん食糧供給プロジェクト
2012/01
26

表裏一体

Posted on 2012 年 1 月 26 日 by takumi

最近この言葉を意識する。

例えば「光」と「影」

例えば「生」と「死」

そして「終わり」と「はじまり」

ひとつだけでは存在し得ない。

他方がなければ成り立たない。

そういった概念。


その両者は同じことじゃないかと思うことがある。

明確に違うはずなのに、そう錯覚してしまうことがある。

果たしてそれは錯覚なんだろうか?

暗闇の中に影はない。

生まれることは死に進みだすこと。

何かが終わらなければ何も始まらない。

その両者には明確な区分があるとは思う。

ただ、そのどちらかに執着することが必要なのだろうか?

その本質は、実は同じことなんじゃないだろうか?

表裏一体のものは、その両者の間に性質を分ける明確な区分があるが、

それは互いの輪郭を際立たせるためにあるだけじゃないんだろうか?

僕は哲学者ではないので、そこに対する明確な答えは持っていないけど。


2012年は大きな転換期となるだろう。

所謂パラダイムシフトが現実に起こることになる。

望む望まざるに関わらず。

それが、「終わり」の始まりなのか「はじまり」の始まりなのかはわからない。

ただ、その両者の本質が同じなのであれば、大切なことはひとつだけ。

しっかりと理解すること。

わからなくとも、理解しようとすること。

そして、自分なりの答えをもって、それに臨むこと。


すでに賽は投げられた。

主義主張を披露して議論をしている時期は過ぎた。

この国の行方を政治が示すことに期待できない以上、自分達で探すしかない。

あるべき姿やより多くの人が笑顔になる方法。

そして、自分や家族や友人が幸せになる方法。

「出来るのか?」と聞かれると自信があるわけではない。

ただ、その決意だけは忘れたくない。


ちょっと真面目に書いてみた。