にっぽん食糧供給プロジェクト
2012/03
10

卒業される皆様へ

Posted on 2012 年 3 月 10 日 by takumi

今日はAgrication Symposiumの打ち上げでした。

それにかこつけて、今年畜大を卒業するあぐりとかちの火ノ川君と小田島さん。

大学を一年休学して、僕の師匠を手伝いに来てくれた本木さんの送別会。

なんか色々くっつけてやりました。

いや~。

本当に楽しかった。


しかし、彼らにちゃんと伝えていなかったのでこの場を借りて。

そして、今年卒業し就職される全ての方へ。



考え続けてください。

表現し続けてください。



就職すると、職場の看板を背負うことになります。

望む望まないに関わらず、自分に枠組みができることになります。


もちろん、それは必要なことです。

仕事に誇りを持つことは大切です。

そして、お客様には新人もベテランも関係ありません。

その自覚を持たなければなりません。


しかし、それは線を引くことにもなります。

立場、状況、都合。

そんな大人の事情が出来てきます。

「○○で働く自分はこうしなきゃいけない」

そんな考え方にならざるを得ない場面が出てきます。

もちろん、個人の考え方と組織の考え方が一致していることもあります。

ただ、そうじゃない場合もあります。

私の場合、初めて就職した会社がそうでした。


組織の考え方が本当に正しいのかどうかは誰にもわかりません。

その答えは結果論でしかないのかもしれません。

そして、組織の考え方に異議を唱えることは容易なことではありません。

特に新人のうちは、教育というアプローチで徹底的に叩き込まれます。

それに逆らうべきではないし、理解するまで学ぶ必要があります。。

また、わざわざ喧嘩して、生きづらくする必要はありません。


ただ、「考え続ける」ことを忘れないでください。

その考え方は、自分の考えと一致しているのか。

組織の枠組みの中だけで考えてはいないか。

自分にとって都合の良い答えになっていないか。

それは「本質」なのか。


考えることをやめてしまうと、見えなくなるものがあります。

与えられる情報だけを盲目的に信じると、都合の悪い答えを排除するようになります。

そこで生きている自分の都合で考えるようになります。


そういう人を評価する組織はあります。

そういう人の方が、組織にとっては使いやすいから。

しかし、私はそれが正しいことだとは思いません。

自分を小さくしてしまう行為だと思います。


また、目の前の仕事に忙殺され、考える余裕がないこともあります。

日々の仕事をするだけでいっぱいいっぱいになることはあります。

というか、そのぐらい仕事に集中した方が人は成長します。

それは、否定されるべきことではありません。


ただ、そこで満足しないでください。

枠組みの中だけで生きようとしないでください。

生きた通りに考えるのではなく、考えた通りに生きてください。


確かに、人と違うことをするのには勇気が必要です。

浮いていると言われてしまうこともあるかもしれません。

それでも、自分の信じることを貫いてください。

そして、それを表現してください。

人に対して言葉にしなくてもいい。

想いをノートに綴るだけでもいい。

絵に描いても歌に込めてもいい。

どんな手段であれ、自分の信じることを表現してください。


信じた道が本質から逸れていなければ、必ず理解してくれる人がいます。

理想を共有できる人がいます。

それこそが、本当の仲間です。

その仲間を作るためにも、「表現する」ことを止めないでください。


残念ながら、今は何を信じていいのかわからない時代です。

正しさなんて、人の数だけあるのかもしれません。

だからこそ、自分を信じてください。

信じられる自分を創ってください。

創ろうとする生き方を選んでください。

そうすれば、あなたの人生は輝いているはずです。


なんか、偉そうに書いてきましたが、伝えたいことはひとつです。

卒業おめでとう。