にっぽん食糧供給プロジェクト
2011/12
31

2011年を振り返る

Posted on 2011 年 12 月 31 日 by takumi

2011年は色々なことがあり過ぎて、語りつくせない年だった。

そして、自分の不甲斐なさを実感した年でもあった。

というよりも、何も出来なかった。


東日本大震災や原発事故。

何が正しいかわからない中で、判断もつかずに右往左往しているだけだった。

「心を寄せる」とか「祈る」とか言いながらも、結局は何ができたわけではなかった。

自分は何か出来るのではないだろうか?

その自問自答をしているうちに時間だけが過ぎた。

結局したことと言えば、些細な寄付や物資の支援。

他者が作った枠組みの中で、自分に負担がかからない範囲のことだけだった。


TPP

いろいろ調べて勉強した。

自分なりの答えやその根拠も得た。

でも、それだけだった。

「よく勉強しているね」「詳しいね」とか他者に評価される機会は増えた。

ただ、それだけだった。

僕は、誉められたくて勉強したわけじゃない。

不甲斐ないの一言だった。


そこから、僕の歯車は狂っていったんだと思う。

一言で言えば、「放棄した」一年だった。

考えること。表現すること。活動すること。

全てを「忙しい」という言葉で切り離し、逃げていたんだと思う。

それに慣れていたんだと思う。


「どうしようもない」「考えても無駄」「政府が決めることだから」

言い訳はいくらでも出てくる。

その全てに一定の説得力はあり、誰も僕を攻めることはしなかった。

でも、間違いなく放棄していた。

考えることや表現することを。

今考えると、それが僕のストレスになっていたんだと思う。


僕が考えても、僕が表現してもどうしようもないことは確かに多かった。

震災の被害が軽減されるわけではない。

原発事故が収束するわけではない。

TPPの枠組みが変わるわけではない。

政治が信頼できるようになるわけではない。

景気が良くなるわけではない。

誰もが納得する税制ができるわけではない。

あり得ないと思う報道や政治家や会社や組織がなくなるわけではない。

イライラするようなニュースが聞こえてこなくなるわけじゃない。


僕が何を考えたって、何を表現したって何一つ変わらないのかもしれない。

それどころか、「何熱くなってるの?」って変わり者扱いされるのが関の山な気もする。

ただ、そうやって流されるままに生きてきたことへの負い目が僕にはある。

安定と自由を自分に都合がいいように解釈し、

自分以外の誰かより楽をすることや優位に立ちたいと思ってきたことへの自責の念がある。

本質が何かを見ようともしないまま、20年以上の時間を過ごしてきたことへの後悔がある。

それをわかっていたはずなのに、僕は放棄していた。

そんな2011年だった。


ここ数日の年末休暇中に、様々なことを考えた。

誰にも邪魔されない深夜に思考を巡らせた。

泣きそうになることもあったし怒りが湧き出してくることもあった。

そして、馬鹿らしくなることもあった。

それでも、本当に有益な時間だったと思う。

自分自身の立ち位置や考え方を整理することができた。

混乱している自分を俯瞰することができた。

僕がこれから何をしていくべきなのかが見えた気がした。


たどり着いた答えは、2011年になる前に得た答えと変わっていなかった。

大切なのは、「互いを知り合うこと」「互いを理解し合うこと」「互いを支え合うこと」

そのために、繋がることが必要だと言うこと。

答えが一緒だったということは、僕は迷っていただけなんだろう。

何もできないという現実を前にして、それを認めることが出来なかっただけなんだろう。

一見無駄に思える遠回りなのかもしれないが、僕にとっては意義深いことだった。

何故そうあるべきなのかを、我が身をもって理解することができたから。


きっと、2012年もストレスの溜まる年になるだろう。

自分にはどうしようもないことが次々と起こるだろう。

いや。もっと言えば日本の歴史にも残る大転換期を迎えるのかもしれない。

それが、「終わりの始まり」なのか「はじまりの始まり」なのかはわからないけど。

そして、僕らはその時代を生きている。

ありがたいことに、考えることや表現することを知っている。

表現や活動するためのツールも整っている。

できる限りやってみようと思う。

まあ、何が出来るかはわからないけど。

そして、それが結果に結びつくことは、残念ながらイメージできないけれど。

それでも、2011年と同じストレスを溜めながら生きていくよりはずっとマシだろう。

そして、僕が今までやってきたことから知ったことがある。

一見無駄に思えることでも、理解してくれる人は必ずいるということ。

そして、その繋がりは少しずつ広がっていくということ。

その積み重ねが、僕の意味なんだろうと思う。


なんだか、とっても暗い感じになってしまいました。

皆さんへの年賀状変わりに自分なりの2011年を振り返ろうと思っていたのですが…。

まあ、いい年ばかりではないということです。

あと少しで2012年が始まります。

どんな年になるにせよ、来年は明るく振り返れますように。

皆さんも、後悔の無い良い年をお迎えください。

2011/12
14

Posted on 2011 年 12 月 14 日 by takumi

僕が魅力を感じる人に共通していること。

面白い人であること。

それが何であっても構わない。

ただ、一生懸命であること。

そして、その何かに信念を持って取り組んでいること。

その「信念」を「哲学」と置き換えても「理念」と置き換えてもいい。

内なる想いが溢れ出さんばかりに、一心不乱に取り組む人。

そんな人が素敵だと思う。


夢を持てと言われて育ってきた僕らは、夢が何なのか知らなかった。

宇宙飛行士になること。

プロ野球選手になること。

お金持ちになること。

それが夢だと思っていた。

そして、理解するにつれて、それが不可能だと思うようになった。

夢なんて、手の届かないものだと思うようになった。


でも、いいんじゃないだろうか?

ちっぽけな理想を夢と呼んだって。

友達が笑っていられますように。

職場の仲間が充実した日々を過ごしていますように。

家族が幸せでありますように。

それが夢でもいいんじゃないだろうか?

そこに想いがあるのであれば。

それに向かって頑張っているのであれば。


僕は、周りにいる人全てが笑顔であって欲しい。

そのためには、互いに理解し合うことが必要だと考えている。

互いに繋がることが必要だと考えている。

だから、農業という切り口でそれを発信することに取り組んでいる。

それが僕の夢なんだろう。


僕が魅力を感じる人。

それは、夢を持っている人。

きっと、そんな人が増えれば。

自分の夢を語れる人が増えれば増えるだけ。

僕の周りが。

そして、日本全体が良い国になっていくのだと思います。

2011/10
24

まる麦プロジェクト2011 KICKOFF

Posted on 2011 年 10 月 24 日 by takumi

今年も新麦の時期がやって参りました。

今年の夏収穫された小麦が、皆さんの口に届く季節となりました。

というわけで、KICKOFFまる麦プロジェクト!!


今年は、頼もしい仲間ができました。

今まで、収穫時期の合間を縫って走り回ってきましたが、

今年は十勝で農業や食に興味を持つ仲間が一緒にやってくれることになりました。

名づけて「まる麦ネットワーク

新聞で目にされた方もいらっしゃるかもしれませんが、

組織だ立場だという枠組みを飛び越えて、

農業大好き。

農業を学びたい。

農業を通して何かを伝えたい。

そんな想いを持つ若者が集まりました。

組織ではなく、それぞれの想いをそれぞれで表現しようということで、代表も何もありません。

緩い繋がり。

友達や仲間と言った方が適当なのかもしれません。

そんな仲間達と、今年のまる麦プロジェクトは歩んでいきます。


とまあ、ここまでは少し前の話。

本日2011年10月23日。

まる麦プロジェクト2011は華々しくKICKOFFしました。

その始まりを担ったのが、畜大の学生サークル「あぐりとかち


十勝でしかできないことをしよう。

私達が肌で感じた十勝の魅力。それを伝えたい。

十勝だからできること。

畜大生だからできること。


これを合言葉に集まった学生が、自分達が伝えたいと思う小麦を表現しました。

あぐりとかちの説明はもちろんのこと、

まる麦ネットワークと参加団体の紹介。

11月1日からメニュー提供が始まる店舗の紹介。

手作りで丁寧に作ってくれました。

僕の場合はPCでパタパタと作ってしまいます・・・。

やはり、手書きは温かみがありますね。


提供内容は、まず小麦で作ったお茶。

皆さん知ってました?

麦茶の麦は大麦なんです。

小麦で作った小麦茶は麦茶とは違った味がするんです。

丁寧に炒ってあるので、香ばしくて麦の香りがするんです。

試飲いただいた方も、美味しいねって言ってくれました。


そして、今の麦畑を街中に再現!!

小麦には秋蒔き小麦と春蒔き小麦があります。

今回は、秋に蒔いた小麦畑をそのまま持ってきちゃいました!!

この、牧草のような小麦が、ひと冬を雪の下で過ごすんです。

そして、春の雪解けを迎え、夏の日差しを浴びながら育成し、夏の終わりに収穫されるのです。

市街地から少し離れるといっぱいあります。

しかし、ゆっくり見る機会はなかなかありません。

そして、説明を聞くこともほとんどないでしょう。

多くの方が、あぐりとかちの話に熱心に耳を傾けてくださいました。


んでもって、大好評だったまる麦の親子うどん。

うどんは小麦粉から出来ています。

そして、小麦粉はまる麦から出来ています。

確かに親子うどんだ。

これは美味しかったです。

ぶっかけ風に、まる麦と玉子とうどんをかき回して食べます。

甘辛く味付けされたまる麦のプニプニとした食感。

玉子にコーティングされたうどんの喉越し。

「嫁に来ないか?」と誘いたくなるほどの出来でした。


そして、小麦畑の隣では石臼を使った製粉体験。

畑の小麦を見ながら、来年の夏に収穫されるまる麦に触れる。

そして、それを自らの手で粉にしてみる。

見事な表現だったと思います。

そんな小難しいことにはお構いなしで、子供達には大人気でした。

そして、こんな場面も。

粉にした全粒粉を持って帰るとき、お母さんが子供にいいました。

「この畑にあるの小麦は農家さんが一生懸命育てているんだよ」

「それを、さっきみたく粉にして、皆が食べるパンになるんだよ」

なんだか感無量でした。

そうやって、農業と食が繋がっていることを知ってもらえる。

それが、あぐりとかちでありまる麦ネットワークが伝えたいことなんです。


今日は生憎の天候でした。

片付けのときは雨に打たれながらでした。

それでも、多くの方にまる麦を知ってもらえたと思います。

そこから、農業を感じてもらえたと思います。

そして、農業と食のつながりも。

あぐりとかちの皆。

本当にお疲れ様でした。

そして、ありがとう。


まる麦プロジェクト2011は、素晴らしいKICKOFFを迎えることができました。

11月1日から、9店舗で食べることができます。

現在検討いただいている店舗もありますが、確定している店舗だけご紹介させていただきます。

オランジュ
まる麦とカキのリゾット(1500円)

北海道ホテル バードウォッチカフェ
まる麦とシーフードのグラタン(単品1000円 セット1600円)
※ランチタイム(11時~16時)のみ

かくれんぼ 伊酒屋 じろう
まる麦のトマトクリームディップ(480円)

イージーダイナー
マグ de カリー(初回のみカップ付き880円 次回以降500円)
温玉と野菜のまる麦カレードリア(880円)

ブロンコ
プチプチまる麦デミグラバーグ(単品880円 セット1380円)

春香楼中央店
まる麦のしゅうまい(580円)
エビとまる麦の塩味炒め(900円)
豚肉の塩釜焼き まる麦ソース(700円)

手打ち蕎麦 玄葉(くろーば)
蝦夷鶏そぼろとまる麦の冷やし蕎麦(850円)

キッチン&カフェ ロコモコ
shambhara天竺
オムライスやスープカレー等のご飯の中にまる麦が入っています
※詳しくは、店舗にてご確認ください。

まる麦メニュー提供店やイベントの情報は、facebookにて集約して公開致します。

こちらをご覧ください。

お食事に行かれた方などは、よろしければコメントを投稿いただければ幸いです。

2011/09
24

卒業

Posted on 2011 年 9 月 24 日 by takumi

明日は、東京に行ってしまうおやせなメンバーのお別れ会です。

おやせなが発足して2年半。

今年の春くらいから、転勤などの事情で様々な方々と離れてしまいました。

出逢いの分だけ別れがあります。

これ、自然の摂理。

抗うことはできません。

寂しいですけど。


いきなり神妙な話になりますが、僕の人生は出逢いで出来ています。

同じ場所で、同じことを感じた仲間達のおかげで、今の僕があります。

共に泣きながら。

共に笑いながら。

共に悲しみながら。

共に喜びながら。

出逢った全ての人々の生き様と関わりながら今まで歩んできました。


自分の人生は、自分が生きています。

しかし、自分という概念を形作っているのは、共にある仲間です。

一緒に泣いてくれるからこそ、絶望してしまうことはありません。

一緒に笑ってくれるからこそ、喜ぶことができます。

そんな仲間の幸せを願うからこそ、自分の幸せが見えてきます。

そして、仲間が自分の存在を認識してくれるからこそ、

自分という存在はここにある意味を持ちます。

僕にとって、仲間とはそんな存在です。


またひとりの仲間と離れてしまいます。

一緒にいた時間は長いとは言えませんでした。

それでも、おやせなのことを応援してくれました。

イベントでは一緒に汗を流してくれました。

十勝のことが大好きで、農業にも興味を持ってくれました。

「こんなのが素敵だよね」を共有することができました。


今生の別れってわけではありません。

それでも、確実に共有する時間や想いは失われます。

それは、寂しいことです。

ただ、悪いことではありません。

失うものもあれば得るものもあります。

おやせなと接したことで、少しでも「何か」を感じてくれたのであれば、

きっと新しい場所で、他の誰かがその「何か」と関わるのでしょう。

多分、それが『縁』ってやつなんでしょう。

だから、僕達は笑顔で見送らなければならないのだと思います。

そして、ちゃんと言葉で伝えなければならないのだと思います。

「あなたと一緒にいられたことが、僕にとって宝物です」と。


とか言いつつ、皆の前で言える自信はないので、うたを贈ります。

今から10年程前。大学を卒業する親友の為に書いた歌です。

卒業とは歩を進めること。

今を精一杯やり遂げ、次の段階に入ること。

別れは寂しいけれど、卒業は悲しむことではなく祝うべきこと。

ちゃんと伝えよう。

一緒にいてくれたことへの感謝。

自分を形作ってくれたことへの感謝。

そして、これからもずっと一緒だってこと。



『卒業』

君と出会って僕は
たくさんの笑顔をもらいました
ぶつかったこともあったけど
その全てに今では感謝してるよ

ときどき現実の厳しさに
自分を見失うけど
そんなとき君が教えてくれた
「自分に負けちゃいけないんだよ」って

僕達はいつまでも一緒だよね
君の言葉忘れはしないから
君といた時間のこと
あの頃になったとしても
そのときには笑顔で思い出す

日常の大切さが
終わりが来て初めてわかりました

本当は離れたくはないけど
どうしようもない別れがあって
今では君といたすべての時間が
僕をつくる大切な宝物

離れること それは終わりじゃないよ
どこにいても忘れはしないから
何があっても いつになっても
君に会うときには
笑顔でいるよ 僕らは友達だ

2011/08
2

Field Agrication

Posted on 2011 年 8 月 2 日 by takumi

ご報告が遅くなりまして誠に申し訳ありません。

Field Agication開催からすでに2週間。

サボってたわけではないのですが、怠けておりました。

反省しております。


さて、7/18におやせな9ヶ月ぶりイベント「Field Agrication」を開催しました。

今回のテーマは「農業と旬の美味しい関係」

農家しか知らない旬の食材「若いも」をメイン食材として、農業を感じてもらおう。

そして、若手農家と話すことで知ってもらおう。

最後に、自分達で収穫した農産物を味わってもらおう。

その中から、おやせなも感じよう。

参加者の率直な想いを。

そして知ろう。

自分達の思う「農」や「食」と参加者の知る「農」や「食」の違いを。


そんな目的でやろうと決めたのが1ヶ月前…。

いつもながら、準備期間と呼べるほどのものもなく、

バタバタと走ってきました。

そのため、ご協賛いただいたコープ様には多大なご迷惑をおかけしました。

この場を借りて、お詫び申し上げます。

誠に申し訳ありませんでした。


始めから謝ってしまったため、すでに書くことがなくなりました。

いつも、長い文章のみで伝えていますが、今回は感じて欲しいのです。

あえて、文章は最小限にして、見てわかるカタチにしたいと思います。

すでに長文になってますが…。


天気が心配されましたが、なんとか雨だけは降らず、

40名以上の方にご参加いただき開始することができました。

梶会長が挨拶し「いざ開始!!」というときに、ザーっと…。

こりゃやっとれんとばかりに、冒頭からビニールハウスに避難…。

メンバーの中に、行いの良くない人でもいたのだろうか?


それでも、参加者にとってはサプライズ。

雨宿り先は苺のビニールハウス。

急だったので、込み合っちゃいましたが、美味しい苺食べれたかな?


雨も落ち着いたので、収穫体験へ!!

大人も子供も楽しそうに掘ってました♪

いっぱい採れると嬉しいよね。


じゃがいもの収穫体験をしたことがある方は結構いらっしゃいます。

でも、ごぼうの収穫体験は初めてだったんじゃないでしょうか?

大人も興味津々でした。


収穫体験をしながら、おやせなメンバーが色々なことを説明します。

参加者が色々なことを聞きます。

農家にとって当たり前でも、参加者は知らないこと。

参加者にとって普通の考えでも、農家にとっては新鮮なこと。

これが、今回最もやりたかったこと。

農業を通したコミュニケーション Agricationなんです。

蛇足ですが、おやせなメンバーは会長を筆頭に若手イケメン農家が揃ってます。


Agricationは続きます。

色んな畑を歩きながら。

色んな作物を見ながら。

様々な話をしました。

これが、理解しあうための第一歩なんですよね。


「おやせな」が「おやせな」たる由縁。

それは、交流だけじゃ終わらないこと。

農業は、食べてもらってナンボだということ。

美味しいと言ってもらうのが、農家のやりがいだということ。

そのために、参加者と交流せずに、黙々と調理をするメンバーがいます。


お腹をすかせている参加者。

でも、その前にやらなければならないことがあります。

「いただきます」とは命をいただくという感謝の意。

梶会長の挨拶で、みんな一緒に感謝しました。

そして、ヨーイドンです。


採れたて。茹でたての若いもがいっぱい。

それをお好みのソースで食べます。


もちろん、素材本来を味わうためのじゃがバターや、チーズを炙った食べ方なんかも。


炒めた若いもがあれば、そうめん風にした料理もありました。


そして、おやせなの代名詞「まる麦料理」もご紹介。

まる麦のリゾットをベースとして、

おやせなメンバーの畑で採れた旬の食材と一緒に味わっていただきました。


夢中で食べてもらえて嬉しかったです。

そして、食べ終わった後の笑顔が最高でした。


皆さん、何回もおかわりしてくれました。

多くの方が、色々なソースで味わってくれました。

これだけのいもを食べてのは初めてだったのでは?


こんなにいっぱいのソースを作るのは大変でした。

前日も24時過ぎまで仕込みをしていました。

その中心としてずっと裏方に徹してくれたメンバー。

CROPSの代表も勤める堀田君です。

美味しそうに食べる参加者を、嬉しそうな顔で見つめていたのが印象的でした。


お土産には「まる麦」と「まる麦レシピ」

そしてもちろん、堀りたての若いも。

ついでに長いもも用意しました。


みんな喜んでくれました。

僕らが参加してくれたことにお礼を言いたいのに、

いっぱいのお礼の言葉をいただきました。

応援の言葉をいただきました。


片付けをしながら、おやせなメンバーはずっと笑顔。

運営していたおやせなメンバー自ら、最高に楽しいイベントでした。

最高に嬉しいイベントでした。


農業を知ってもらうことができたと思います。

旬を味わってもらうことができたと思います。

僕らの想いを伝えることができたと思います。

参加者の想いを知ることができました。

参加者に喜んでもらうことができました。

参加者に応援してもらうことができました。


麦収穫間近のイベントは、正直厳しいものがあります。

畑でのイベントは、雨やなんやら、色々と気を使います。

でも、畑だから感じてもらえることがある。

畑だから伝えられることがある。

それを感じてもらえたとき。伝えられたとき。

おやせなは笑顔になります。


急すぎる告知。

しかも、三連休の最終日…。

今回参加したくても出来なかった方もいらっしゃると思います。

偉そうなことは何も言えませんし、約束もできません。

それでも、来年もまた畑でイベントをやりたいと思っています。

そのときに、皆さんに会えるのを楽しみにしています。


最後になりましたが、協賛いただいたコープさっぽろ様

料理の仕込みや当日の運営を手伝ってくれた「あぐりとかち

そして、悪天候の中ご参加いただいた参加者の皆様。

本当にありがとうございました。